ちまちまと、マイペースで、あいかわらずで、
長続き・・・
空もの、陸もの、水もの、おもしろいもんないかいな。
 

 
物心ついたころ、トランシーバーにあこがれ、父の留守に、母が日の出のシングルの送信機をこっそり出してきてボタンを押すと音が出るのに喜んでいたころ。
本人の記憶もないころ、幼い子供が芝生の上で、父が愛用していたオービットの送信機をさわっているあどけない写真
父と遊びに行くところ、母に作ってもらったお弁当、水筒のお茶、ひまし油くさい広場、60クラスの騒音に驚いていた遠い日々の思い出。
小学校の作文で、モーターにプロペラをつけて、外部電源供給で浮かないかと書いた昔。
そんなこんなで4*年。 なれのはてが・・ここにございます。
 


ENGLISH PAGE IS HERE!


** 近況 **
2016年となりました。
一般社会で「ドローン」という言葉が使われるようになり、懸念されていた無謀なユーザーによる(会社で運営されている方から一般初心者まで)事故が重なり、法的規制がかかる事となりました。
危険性を考えれば当たり前の規制とも思えますが、従来のラジコン機にも該当する部分があり、一段と(広島市内ではもう随分前からそうですが)飛行場所の確保は難しくなっています。
 
その一方、Eフライトなどの軽量小型の発泡スチロール製の、以前なら駄菓子屋か玩具店にぶら下がっていた様なサイズの飛行機が、飛行時間もフライト性能も一時の50クラスエンジン機に匹敵するまでとなり、3軸ジャイロ搭載機に到ってはサイズでどうしようも無かった風などの外乱による弱ささえある程度克服できる時代となっています。
手のひらに乗るサイズのピッツが5分間縦横無尽に飛ぶ時代です。
エンジン機の良さもありますし、私も条件が良い場所では120クラスエンジン機も飛ばしていますが、それぞれ良さはあります。
 
地元模型店というものがどんどん消えていくのは悲しいですが、大きな物は通販やオーkションで安く入手し、技術指導や小さな物は地元模型店に負担させるのは無理な話です。
 
与えられた環境で今年も安全なフライトを楽しみたいと思います。
 
2016/01/03
 
 
2015年も秋となりました。昨年末に大変お世話になった地元模型店がお店を閉められ、近所で空物を扱う模型店は皆無となりました。寂しい話ですが、経営厳しい中それでも続けて来られたお店のご主人のご苦労は計り知れません。
 
通販全盛の時代ではありますが、飛行機を作るのに必要なリンケージや燃料回りの部品は通販では入手が難しく、厳しい時代となっています。
九州での飛行会は相変わらずお世話になっていますが、地元でも複数のクラブに加入させていただき、地元で飛行機を飛ばす機会も増えました。
クラブの先輩の方も飛ばされなくなったり亡くなられたり、寂しい事も多いです。
同じクラブでスケール機製作で大変定評のあったOさんも亡くなられました。
大型機から手のひらに載る小さな機体まで、名人芸としか言えない細工の数々を見せて頂き、超小型機での独自のモノコック構造を教えて頂きました。お元気ならまだまだいろいろ作られたと思いますが、残念です。
 
グロー燃料を在庫されるお店も減り、斎藤の4サイクルガソリンの小さな物で楽しんでいます。
電動専門の様に思われる方も多いですが、そんな事は無いのです。
飛ぶのが不利なものを一生懸命工夫して飛ぶようにするのも好きな様です。
 
数年前からヘリに完全復帰し、地元でいろいろお手伝いをさせて頂いています。
CD-ROMモーターで悪戦苦闘していた時のあれこれが、無駄ではありませんでした。
 
HPでいろいろデータを公開し、皆で工夫する時代は終わったのかもしれません。
現在の詳細はブログに時々書いていますが、細かい事は自己満足ですので、人に言うほどのものではありません。
そういう時代になったのだと思います。
 
地元模型店がお店を閉められる最後の頃にOKのコマンダー148を買わせて頂き、斎藤のFG11を積んで、何の変哲もないごく普通のスポーツ機を普通にひたすら飛ばすのが妙に気に入っているのであります。
 
HPに製作掲載している機体もほぼ退役しましたが、ブザードボムシェルとOKのアルチメイト10とラトルスネイクの零戦21形は未だ現役で飛行回数をひたすら伸ばしています。
アルチメイトは飛行機用3軸ジャイロのテストに使っていますが、元々の素性が良い機体なので、絶好調であります。
 
中華発泡機の面白そうなのに手を出しては失望し、でもホビーキングのファンファイターシリーズのレアベアは改良した2機目を現在堪能中。恐ろしく良い機体です。
 
*アラインのT-REX700のDFC系ヘッドにつきまして。
現行製品に使われているアラインの700系ヘッドではダンパーはゴムの物から成型樹脂の物に変わってきています。
初期の製品は精度の高い物でしたが、現在売られている物は成形時の誤差が少なからずあるようです。
(ロット毎の誤差もけっこうあります)
700クラスの機体を説明書のままネジをいきなり締めるという事は無いと思いますが、ヘッドの組み立て時に、スピンドルシャフトを両側から締めていって最後にブレードグリップの動きが悪くなる場合は、樹脂ダンパーが少し厚い場合があります。
そのまま締めますとスラストベアリングを痛めますので、ある程度スピンドルシャフトのボルトを締めてもブレードグリップが自然に下に回る位まで紙やすりなどで削り修正した方が良い様です。
中華製品でベアリングが悪い!と言われる方も多いのですが、適正な組み方をしていれば特に耐久性が悪いという事はありません。メンテナンスでベアリング交換時に日本製の物があれば交換すれば良いレベルです。
 
2015/10/01
 


NEW

*キャッスルクリエーションのコントローラーをキャッスルリンクで設定(2010/12/18)
*パーシバル・ミューガル 120クラス電動機(2010/05/25)
*2010年春期阿蘇飛行会に参加(2010/05/25)
*Buzzerd Bombshell 動力系改装(2009/11/01)
*マルチプレックス FOX(2009/06/20)
*2009年春期阿蘇飛行会に参加(2009/05/21)
*OK模型 メイス 2.6mクラスモーターグライダー(2009/05/07)
*SAPAC T-45 68ミリクラス電動ダクト機 (2009/03/23)
*スーパーボイジャーE 6セル化(2008/12/28)
*アライン T−REX250 (2008/12/03)
*市販機そのまま 京商カブ50(2008/10/28)
*2008年秋季阿蘇飛行会に参加(2008/10/24)
*1/24スケール 震電 (2008/07/30)
*アルファモデル F−86セイバー 引き込み脚仕様(2008/06/23)
*JR スーパーボイジャーE 3セル仕様 (2007年夏から飛ばしてましたけどレポートアップ) (2008/01/01)
*2007年秋阿蘇飛行会とグリーングラスE-JETラリーin九州にちょっと参加のレポート
*ヒロボー 30クラス ベル222 電動化 (2007/08/04)
*ヒロボーの30クラスベル222が電動になったらいいな計画 (2007/07/17)
*T-REX 双葉S−9257サーボに変更 テール回りV2仕様 (2007/07/13)


お知らせ
瞬間接着剤の使用時には換気を心がけましょう

瞬間接着剤は模型工作に欠かせないものですが、この樹脂が硬化するときに発生するガスは「シアノアクリル酸メチル」と呼ばれるもので非常に強い毒性を持っています。瞬間接着剤が気持ちよく硬化していくときに出てくる白い煙がこれです。
通常、これを吸入してしまうと「咳・頭痛・咽頭痛」という症状が出ますが、この物質は生体組織に非常に貼りつきやすく、蒸気を吸入するとアレルギー・喘息・呼吸困難などの反応が出ます。
この喘息反応がちょっと厄介で、吸入して2〜3時間経過して症状が出ることが多く、瞬間接着剤のガスによる物だと気づく事が難しくなります。
喘息反応が出た場合には安静が必須で、安静を保てないとさらに悪化します。

私自身も以前に夕食前後に作業をし、9時過ぎると強烈な発作(咳が止まらなくなり息が吸えなくなってしまう強烈なもの)を起こしていた事がありました。当時血圧が少し高く、その影響かと当時は思っていたのですが、後に飛行会でお会いする知り合いの方が全く同じ症状が出ると聞かされて、シアノアクリル酸メチルに関する資料を見せて頂きました。
バルサ機の製作をしていると鼻が具合悪くなってくるのもこの気化成分が原因です。

私の作業部屋は数年前の台風の塩害でエアコンが壊れており、夏場は窓開けっ放しで作業しているのですが寒い時期は閉めています。作業時には厳しく換気に注意したり有機ガス用のマスク(ウレタンのガン吹きにも必須ですけど)をするなりの注意を必ずされた方が良いと思います。

少なくとも硬化時の煙は吸わない(横で掃除機に吸わせて掃除機内へ吸着させる)、もし心配ならば中毒の可能性もありますので、専門医の検診を受けるなどの対応をされるほうが安全です。致死性の毒だという認識を持って下さい。

バルサの研磨粉や塗装時の揮発成分など、換気にはくれぐれも注意しましょう。

詳しい事はインターネットなどで「シアノアクリル酸メチル」で検索してみてください。

資料1 資料2

この件に関しまして、長崎の藤本さん貴重な資料ありがとうございました。


飛行機部門
小型電動飛行機の部屋 400クラス以下
1.1/24スケール 震電 現役要修理
2.Buzzard Bombshell 400クラスFF機風 現役
3.OK模型 アルティメイト10 電動化 現役
4.ラトルスネイク フォルクスプレーンマリンタイプ 現役
5.タイヨー P−38ライトニング (番外お遊び機)
6.発泡の固まりはリフティングボディ機で飛ぶのか・・実験
7.発泡ファンフライ エクストリャ
8.フライングスタイロキット Chubby Baby
9.フリトン ジャンピングジャック
10.小型高翼パークお遊び機 エルロン仕様も追加 墜落で退役
11.ラトルスネイク零戦二一型  現役
12.CD−ROMモーターで小細工 ちょっと簡単なタイプ・280ダイレクト・ギヤダウンユニット使用・ 3倍ステーター・EDF40搭載追加
13.CLIC(クローン版)製作 調子にのってGLIGまで・・
14.フライングスタイロキット コルセア 現存
15.OK模型 タイガーモス10 電動化
16.ユニオンマイクロ零戦
17.ユニオンゴム動力セスナ 電動化
18.簡易無尾翼実験機
19.京商 EPカブ 小細工
20.OK模型 CAP232-10 電動化
21.QRP エスパー400
22.エアリカ 零戦五二型
23.RBCキット MICROBIPE
24.ユニオン スーパームスタング
25.サワイ  フェアリーウイング
26.フライングスタイロキット Chubby Lady

電動ダクト機(400クラス以下)
1.アルファモデル F-86セイバー 引き込み脚仕様
2.F-104J EDF40  現存
3.F9Fパンサー EDF40 現存
4.アルファモデル FW Ta183 フッケバイン
5.Nano Bandit EDF40+Feigao5300
6.GWS A-10 Feigao4100で実験
7.A-4 スカイホーク EDF50とCD-ROMモーターで実験 現存
8.EPP製無尾翼デルタ機CDモーターでEDF Feigao5800換装
9.EPP製無尾翼ダクト機
10.フライングスタイロキット F-16 動画添付 サンダーパワー2100テスト
11.小型電動ダクト機


グライダーの部屋
1.QRPスナッピー中村さん式SAL仕様
2.京商 ソアラス1600
3.アートホビー コリブリV
4.OK模型 ミント
5.Niki's Radina DLG
6.Radina DX
7.Alula EPP無尾翼DLG
8.旋燕 GLIC風DLGもどき無尾翼
9.Angel と Angel DLG
10.村さんの鳥さん (グライダーではなくて鳥形癒し系飛行物体です)
11.Blaster DLG
12.カシオペア ミニASK21
13.OK メイス 2.6m モーターグライダー
14.マルチプレックス FOX


シーガルモデル パーシバルミューガル 120クラス電動機 現役
SAPAC T−45 68ミリクラス電動ダクト (事故により退役)
京商 タイガーモス40電動化
HET-R/C F-18 Hornet 480電動ダクト (引退)
京商 ピッツS2-C 40電動化 (引退)
テトラ フライベビー30電動化 現役たまにフロート

以下は現行登録抹消待機中
ヒロボー 雷電30電動化 動画添付 (残念ながら笠岡で大破)
OK模型 セダクションWS電動化
京商 オーラムミニックススポーツ電動化
OK模型 QBピッツ10 保存中
T-33 EP540京商 電動ダクテッドファンT−33


ヘリコプター部門
電動機
ヘリコプターはアラインが700を発売した頃に古巣へ戻り、760から150まで完全復活しました。詳細はもうホームページで扱う時代ではないので、ブログにたまに書いています。
設定の詳細もネットでの公開は無意味となりましたので、詳しいことはマルクさんが扱っている正規輸入品のアラインT-REXをお求めになってください。
台湾機なのでベアリングがという世間のご意見も多いですが、注意して適切な組み方をすれば全く問題ありません。どうしてもという方は定期メンテナンス時に同サイズの日本製ベアリングに交換されれば良いと思います。
良く飛びます。F3C世界戦でポテンシャルは証明されています。

ALIGN T-REX 450X
Pixy ZAP
MS CH-46 Sea Knight
JR パークマイト
BELL 222-30 ヒロボー 30クラスベル222 電動化
JR スーパーボイジャーE

アライン T−REX250


以下退役 または 待機中
 MS ホーネット   固定ピッチ版
 Robbe EOLO R22
京商 EPコンセプトSR
 イカルス エコピッコロ
CONVERT-EX 京商 コンバートEX

エンジン機
JR エルゴSS52 CCPM 4サイクル52
BELL 222-30 ヒロボー ベル222(30)OS32SX-Hリング


市販機そのまま部屋
京商パイパーカブ50を斉藤60ツインで遊ぶ
 


飛行会・イベント参加レポート
2010年秋阿蘇飛行会に参加 (ブログ)
2010年春阿蘇飛行会に参加 (ブログ)
2009年秋阿蘇飛行会に参加 (ブログ)
2009年春阿蘇飛行会に参加
2008年秋阿蘇飛行会に参加
2007年秋阿蘇飛行会とグリーングラスE-JETラリーin九州にちょっとだけ参加
PC−NEXTさんの1周年記念笠岡飛行会へ参加させてもらいました
2007年春阿蘇飛行会に参加
ディスカスを持って阿蘇へ行ってきました
2006年秋阿蘇飛行会に参加
第4回九州のんびり飛行会 参加レポート
第3回九州のんびり飛行会 参加レポート
第2回九州のんびり飛行会 参加レポート


動画館
タイガーモス90をタイガーモス40の機載カメラで撮ったらおもしろいじゃろか?
その昔マブチがA−1より遙か昔に作っていた塩水電池による電動飛行機ユニット
昭和30年代半ばに瀬戸内海の大崎上島でエンジンボートを走らせる
1962年、リード式10CH(たぶん)のスタント機

 
ちょっとお茶でもどうですか?
どこにでもあるはなし 茶飲み話などいかがですか・・

 
ヘリコプターのへりくつ
話のレベルはごかんべん。

電動ヘリのジャイロのへりくつ

電動機のモーターのへりくつ

だれでもできるバッテリーの充電(ニッカド・ニッケル水素)

リチウムポリマー電池一考

BEC使用について

GWSのEDF50と40について考える

ESCの進角設定について一考

電動ダクトの効率について一考
キャッスルクリエーションのコントローラーをキャッスルリンクで設定
 

 
えーもんみーつけた
日頃買い物で見かけることのできる素材・加工方法、あれこれ。
各種樹脂板の調達、アルミパイプの調達・加工、マイクログラス貼りの手順

記憶の道
おぼろげな記憶の中から引き出した、広島県西部の戦後の模型愛好家の道。
聞いた話の中には多少のずれもありますが、過ぎ去った人達の功績を記すためにも。
長文です お暇な方だけお読み下さい。

実機操縦体験の巻
とある用事で初めてのハワイ、つかのまの自由時間になんと実機の操縦体験。

縫いぐるみ熊さん操縦士養成所
UFOキャッチャーの縫いぐるみを操縦士にしてしまいましょう。

機体搭載用デジタルカメラユニット
というほど大げさではございません。ポケットデジカメを30電動機に搭載

工房写真館
懐かしい機体の画像がでてきましたので少しご紹介

しろくま日記
ブログ作ってみましたが模型専門ではないのでそこはご容赦

 
九州のんびり飛行会 2009年 9月6日(日) 開催されました
熊本のKANAMEさん主催の「九州のんびり飛行会」も2009年で7回目を迎えます。
今回は熊本県上益城郡緑川河川敷のKFC飛行場をお借りしての開催となります。
良く整備された草地の広大なフライトエリアです。

自分で飛ばさなくても、いろんな人の機体をながめながらゆったり過ごす、楽しい飛行会です。応援してます。

詳細はこちら(KANAMEさんの飛行会案内ページへ)

過去の開催の様子はこちらから

TOKUMOTOさんのHP イベントに動画が掲載されています

第6回九州のんびり飛行会 参加レポート

第5回九州のんびり飛行会 参加レポート

第4回九州のんびり飛行会 参加レポート

第3回九州のんびり飛行会 参加レポート

第2回九州のんびり飛行会 参加レポート

第1回のレポート(KANAMEさんのHPより)

 
 
ほっと一息 紙飛行機編

久しぶりに紙飛行機などいかがでしょう。「子供の科学」の二宮康明さんの機体、健在です。
おじさんは文明の利器を駆使して作ってしまうのです。


    メールはこちら


Koubou Sirokuma SInce 1997